生徒の学習進捗を把握してフィードバックし、 モチベーションや学力向上に成功した塾•予備校を表彰する「Studyplus for School活用アワード」を初開催~総合賞は生徒の学習記録入力率100%、 導入校平均1.35倍の勉強時間を達成した学習塾ユニバースクール~

受験生や塾向けの教育サービスを提供するスタディプラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:廣瀬 高志)は、ICTを活用した学習支援の普及を目的に、提供する教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を、効果的に活用した塾・予備校を表彰する「Studyplus for School活用アワード」を11月22日(水)に初開催しました。

(上段:学研スタディエG-ALCS 首都圏事業本部 小川氏、ハイスクールMUGEN 進学塾MUGEN 教務部長 坂元氏、学習塾ユニバースクール 代表取締役 湯浅氏、まちなか鳳雛塾 奥野氏

下段:進学塾サイン・ワン 上尾校 教室長 櫻木氏、ハイスクールMUGEN 鹿児島中央駅前校 校舎長 中馬様、学習塾ユニバースクール 高校部マネージャー 田中氏)

 

当社は、会員数280万人以上、大学受験生の3人に1人が利用する学習管理アプリ「Studyplus」を運営しています。日々の勉強時間や達成度を記録することで学習状況を可視化できるほか、勉強する仲間を見つけ、日々の勉強のログを仲間と共有することで、勉強の習慣化を促進します。

また、2016年4月に提供を開始した教育事業者向けプラットフォーム「Studyplus for School」は、「Studyplus」によって取得できる勉強の進捗度合いや蓄積された勉強のログを、教育事業者が生徒のサポートや分析などに活用できるサービスです。現在、全国の学習塾・予備校約150校以上に導入され、先生と生徒をつなぐ学習管理ツールとして利用されています。導入した各塾や予備校では、「Studyplus for School」を活用した独自の取り組みも行われ、生徒のモチベーションや学力の向上を促進する事例も増えてきました。

2017年のStudyplus for Schoolアワードの受賞校は、以下の通りです。

Studyplus for School Award 2017(総合賞)

概要:Studyplus for School の運用体制が整備、継続的な運用がされていて、学習管理が生徒・塾の運営ともに定着している塾に贈られます。

受賞校:学習塾ユニバースクール(神奈川県川崎市)

受賞理由:同塾は、所属している生徒へのメッセージ送信率が71%と導入校のうち最も高く、日々の学習の継続を支援しています。その結果、同塾の生徒はStudyplusへの学習記録の入力率が100%と、学習内容を記録し振り返ることが定着しています。また、勉強時間が落ちがちな高校1~2年生が対象にもかかわらず、在校生の週の平均勉強時間が約1時間30分と、導入校平均の約1時間の1.5倍の数値となっています。

学習塾ユニバースクール概要:電子黒板やiPadなど、ICTを積極的に活用している塾です。高校生のキャリア教育も行うなど、独自の取り組みも行っています。

 

  (上:ユニバースクールでの面談の様子、

下:学習塾ユニバースクール 高校部マネージャー 田中氏、学習塾ユニバースクール 代表取締役 湯浅氏)

 

Most Motivational School(意欲向上賞)

概要:生徒の学習記録への先生らによるいいね!の送信率(リアクション率)が最も高く、生徒の学習のモチベーション向上を実現している塾に贈られます。

受賞校:ハイスクールMUGEN 鹿児島中央駅前校(鹿児島県鹿児島市)

受賞理由:同校は、リアクション率が82%と導入校のうち最も高く、生徒一人当たりの平均リアクションも25回と導入校平均の7.4回を大きく上回っています。また、Studyplus for Schoolで集計した勉強時間をランキング化し毎週掲示するなど、生徒のモチベーション向上をコンセプトとし、様々な取り組みが行われています。

ハイスクールMUGEN概要:株式会社夢現(むげん)が運営する、高校生に特化した学習塾です。鹿児島県内7教室を展開しています(小中学生を対象とする進学塾MUGENを含む)。

(上:塾内に掲示される勉強時間のランキング、下:ハイスクールMUGEN 鹿児島中央駅前校 校舎長 中馬様、ハイスクールMUGEN 進学塾MUGEN 教務部長坂元様)

 

Most Active School(最多コメント賞)

概要:生徒の学習記録へのコメント返信率が最も高く、生徒の日々の学習のPDCAサイクルの高速化を実現している塾に贈られます。

受賞校:進学塾サイン・ワン 上尾校(埼玉県上尾市)

受賞理由:同校は、コメント送信率が67%と導入校のうち最も高く、また高頻度で生徒の学習記録にリアクションをしています。

また、生徒一人当たりのコメント送信数が21(導入校平均2.7)、メッセージ※2送信数が12通(導入校平均4.8通)と、生徒とのコミュニケーションの接点が多く、生徒の日々の学習の振り返りを促進しています。

サイン・ワン概要:「サイン・ワン」は、市進ホールディングスと学研グループが設立した進学塾です。埼玉県内を中心に50教室以上を展開しています(自立型個別学習塾G-PAPILS含む)。

           

(左:実際の利用画面「メッセージ機能」、

右:学研スタディエG-ALCS 首都圏事業本部 小川氏、進学塾サイン・ワン 上尾校 教室長 櫻木氏)

 

New Initiative School(先進的取り組みをしている塾への奨励賞)

概要:ICTを活用し、経済格差や地域格差などの格差解消に取り組む塾に贈られます。

受賞校:「まちなか鳳雛(ほうすう)塾」(石川県能登町)

受賞理由:同塾は、Studyplus for SchoolをはじめとしたICTの利活用によって、地域格差解消に取り組んでいます。

Studyplus for Schoolの導入により、これまで対面の面談でしか把握が難しかった映像授業の進捗を、オンラインで場所や時間を問わずに把握できるようになりました。これにより、限られた町営塾の職員数でも、生徒の学習進捗を毎日把握し、ひとりひとりへのフィードバックが実現しています。また、映像授業と「Studyplus for School」の組み合わせにより遠隔指導体制が整い、通塾が困難な生徒へのサポートも充実しました。

まちなか鳳雛塾概要:まちなか鳳雛塾」は、石川県能登町唯一の高校「能登高校」の存続・発展のために開始した「能登高校魅力化プロジェクト」の一施策として、能登地区で進学実績のある進学塾と能登町が提携して立ち上げた町営塾です。

(左:まちなか鳳雛塾での授業の様子、右:同塾 奥野氏)

 

スタディプラス株式会社は今後、ユーザーの学習データを活用し、生徒一人ひとりの学習 状況に最適な学習指導のレコメンドなどを視野に、教育事業者はもちろん、生徒にとって も価値のあるプラットフォームとして進化を続けてまいります。

 

◆教育事業者向け学習進捗管理ツール「Studyplus for School」概要

「Studyplus for School」の分析ツールや管理画面を用いて、生徒が「Studyplus」に記録 した

学習記録*1を把握・情報を分析することにより、生徒の学習サポートのクオリティ向上 や

密できめ細やかなコミュニケーションを可能にします。

*1 生徒は、利用開始時に利用規約に同意し、在籍する教育事業者に情報を提供すること

を承諾します。

提供開始日:2016 年 4 月

価格:生徒 1 人につき 1 アカウント 750 円(税抜き)

導入実績:代々木ゼミナール、ユニバースクール 他 20 社以上導入済み

 

◆学習管理 SNS「Studyplus」概要

学習記録の可視化や学習仲間とのコミュニケーションなどの機能によ り、学習の習慣化をサポートする学習管理 SNS。

利用者数は累計 280 万人(2017 年 12 月現在)を超え、大学進学希望者の高校 3 年生の 3 人 に 1 人が利用。

高校生の良く使う勉強系アプリで No.1 に選出。(リク ルート進学総研「高校生価値意識調査 2014」調べ)

・提供開始:2012 年 3 月

・価格:無料

・ダウンロード URL:

AppStore https://itunes.apple.com/jp/app/id505410049

GooglePlay https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.studyplus.android.app

・受賞実績: GooglePlay ベストアプリ受賞(2015/2016 年)、Appstore Essentials 選出、 日本 e-Learning 大賞 最優秀賞受賞(2016 年)

 

◆スタディプラス株式会社 会社概要

代表取締役:廣瀬 高志

住所:東京都渋谷区代々木 1-4-1

設立:2010 年 5 月 20 日

 

◆ Studyplus for Schoolに関するお問い合わせはこちら

◆ 本件、取材・広報に関するお問い合わせはこちら