高校生の約9割が大学選びで重視するのは「学びの内容」、都市圏は「ネームバリュー」・地方圏は「学費・奨学金」を重視する傾向 ~高校生1,965人に「大学選びに関するアンケート」実施、大学選びの情報収集で「YouTube検索」が広がっている結果も~

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志、以下スタディプラス)は2022年4月21日~25日にかけて、学習管理アプリ「Studyplus」上で高校1年生から高校3年生のユーザーを対象に「大学選びに関するアンケート」を実施、1,965人から調査に対する回答を得ましたので概要をご報告します。

 

「大学選びに関するアンケート」(高校生対象)の5大トピックス

大学選びの情報収集における、最初のアクション1位は「検索する」。

「検索する」高校生の約9割が「大学サイトを見る」と回答している中で、2位に「YouTubeで検索」がランクインした。

大学の情報を収集する際、YouTubeでの検索行動が広がっている結果に。

大学選びの情報収集における、最初のアクション2位は「周りの人に聞く」。

ネット調査や資料請求前に、信頼できる第三者に意見を求める高校生も多数。

高校生が大学選びで最も重視するのは、全国共通で「学びの内容」。

約9割が重視すると回答。

「目標としている職業に関連した内容を学びたい」などの理由が挙がる。

三大都市を含む都市圏 <関東、近畿、中部> では「ネームバリュー」も重視。

主な理由は、「就職に有利」「学歴社会だから」。

地方圏(北海道・東北、中国・四国、九州)では「学費・奨学金」も重視。

主な理由は、「経済的に通えない」「親に負担をかけたくない」。

 

 

■高校生の大学選びにおける情報収集について

高校生たちが大学選びを始める際に、どのように情報収集するか、アンケートを行いました。

 

【調査項目】

・大学選びを始めるとき、まず最初にどういうアクションを起こしますか?

【結果】

・大学選びにおける最初のアクション1位は「検索する」。インターネットリサーチを行う高校生が8割以上にのぼる。

・「周りの人に聞く」ことでの情報収集が、2位という結果に。

 

 

【調査項目】

・「検索する」方は、最初にどんな行動を起こしますか?

・「周りの人に聞く」方は、最初にどんな行動を起こしますか?

 

【結果】

・「検索する」ユーザーの大半が、最初に「大学サイトを見る」と回答。2位は「YouTubeで検索」がランクイン。

・「周りの人に聞く」ユーザーは、約4割が「家族に聞く」と回答。「高校の先生に聞く」、「友達、同級生に聞く」という回答が続く。

 

 

■高校生が大学を選ぶ際に重視する内容について

具体的に、高校生たちが大学を選ぶ際に、何を重視しているのかを調査しました。

 

【調査項目】

・大学選びで重視する項目を3位まで選んでください。

※以下、3位までに選択された項目をピックアップ

 

【結果】

・9割近い高校生が、3位までに「学びの内容」を選択している結果に。中でも近畿(89.4%)、中国・四国(91.2%)、九州(90.1%)では高い割合を記録。

・「ネームバリュー」は、三大都市を含む関東、中部、近畿では割合が高い一方、それ以外の地域では低い。中国・四国、九州では割合が半数を切っている。

・逆に「学費・奨学金」は北海道・東北、中国・四国、九州では割合が高い。関東では、全国平均を下回っている。

・「立地」は中部および近畿で、「雰囲気」は中部および九州で高い割合となった。

 

 

【調査項目】

・大学選びで重視する項目を3位まで選んでください。

※以下、1位に選択された項目をピックアップ

 

 【結果】

・1位に最も選択された項目は、「学びの内容」。全国の6割以上の高校生が、「学びの内容」を大学選びで最も重視している。最も高い割合で1位に選ばれた地域は、中国・四国。

・近畿では、「学費・奨学金」「立地」を1位に選んだ割合が全国で最も高い結果に。

・北海道・東北は「学費・奨学金」、関東は「ネームバリュー」、中部は「雰囲気」、九州は「立地」「雰囲気」を1位に選んだ割合が全国平均より高い。

 

 

【調査項目】

・大学選びで重視する項目を3位まで選んでください。

※以下、2位・3位に選択された項目をピックアップ

 

【結果】

・大学選びで重視する項目の2位、3位で最も選択されたのは「立地」

・2位では「ネームバリュー」、3位では「雰囲気」が高い割合で選択される結果に。

 

 

【調査項目】

各項目の選択理由を教えてください。 ※任意で回答を回収、以下コメントの抜粋です

 

【結果】

 〇「学びの内容」の選択理由

  『目標としている職業が決まっているため、それに関連した内容を学びたいと考えているから』

  『自分が学びたい内容が学べるのかが重要だと思うから』

 

 〇「ネームバリュー」の選択理由

  『有名な大学に入学すると就職する時に有利になると思ってるから。』

  『就職などする際に学歴フィルターがある所だとやはりネームバリューは重要視すべきだと』

 

 〇「学費・奨学金」の選択理由

  『親に金銭面で大きな負担をかけることは避けたいから。』

  『将来きちんと就職できるか分からないのに、返済するタイプの奨学金を受け取るのは怖いので、給付型奨学金の給付額が多い大学が良い。』

 

 〇「立地」の選択理由

  『将来働きたい土地で進学したいから』『下宿が出来ないから。』

 

 〇「雰囲気が良いから」の選択理由

  『知人がいない状態での再スタートになるので、自分楽しくやって行けるかが重要だと思うから。』

  『4年は通うことになるので、直感的に嫌な感覚を抱いた場合は順位をさげます』

 

 

◆本調査の概要

  • 調査対象 :  全国の「Studyplus」ユーザー(現役の高校1年生~高校3年生)
  • 回答者  :  1,965名
  • 調査方法 :  インターネット調査
  • 調査時期 :  2022年4月21日〜4月25日

 

◆学習管理アプリ「Studyplus」 概要

「Studyplus」は、日々の勉強を記録・可視化し、ユーザー同士でシェアして励まし合うことができる学習管理アプリです。

ユーザーの自己調整学習、学習モチベーションの維持・向上をサポートします。

会員数700万人、大学受験生の2人に1人が利用しています(2022年5月現在)。

 

◆スタディプラス株式会社 概要

  • 所在地:東京都千代田区神田駿河台2丁目5−12 NMF駿河台ビル4階
  • 代表取締役:廣瀬高志
  • 事業内容:学習管理アプリ「Studyplus」、教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」、電子参考書プラットフォーム「Studyplusブック」の運営
  • 設立:2010年5月20日